HDDやSSDの健康状態を診断チェックするならCrystalDiskInfoで決まり!

dd
どうも。
西村です!

インターネットビジネスやトレードを行っているのであればパソコンに無関心であってはいけません。ネットビジネスであれば大してパワフルなパソコンは必要ないかと思いますが、それでも極度に重たくて動きの悪いパソコンはダメです。

僕も昔は本当に重たくて作業がはかどらないwindowsvistaを使用していたのですが、メモリが2Gしかないのでちょっと無理をするだけでフリーズします。そういうものは最低限使用しないようにしましょう。できれば最低でも4G以上のパソコンを選びましょう。

そのうえでパソコンの健康状態を見ておくことも重要です。例えば僕は現在のwindows10(7から無料アップグレードしました。)を使用しているのですが1年と2か月前に内臓HDD(ハードディスク)をチェンジしました。HDDは消耗品なので使用しているとすり減ります。

まあ、使い方がだいぶ荒く、強制終了しまくったのが消耗を速めた原因です(笑)だけど、それでも2年は持ってくれました。デスクトップでかなり高性能なスペックだったので買い替えるのももったいなかったんですね。で、そのチェンジするタイミングをパソコンの健康状態から判断することができます。

ですので、毎日とはいいませんが、たまに気が向いたときとか、パソコンに異変を感じたときとか、HDDやSSDの健康状態をチェックすることができるフリーソフトのCrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)を導入しておくと便利です。本日はそんなフリーソフトの紹介です。

CrystalDiskInfoをダウンロード&インストールする

x
窓の社にアクセスしましたら早速、クリスタルディスクインフォをダウンロードします。

doui
「同意する」を選択しましたら「次へ」をクリックします。

tugi
こちらでインストールファイルを指定して「次へ」をクリックします。特に何もなければデフォルトで構わないかと思います。

tugi2
特にスタートボタンに設置する理由がないかと思いますのでチェックは外したままにして「次へ」をクリックします。

tugi3
デフォルトでチェックはついておりますが、デスクトップ上にアイコンは作成する必要もとくに理由がなければする必要はありませんし、Yahooツールバーもいらないと思いますのでチェックは外して「次へ」をクリックします。

tugi4
「インストール」をクリックすればオーケーです。

kan
チェックボックスにチェックが入っていれば閉じたときに立ち上がるだけなのでこのまま「完了」をクリックして終了です。

se
僕はこんな感じで問題はありませんでした。もし、ここが赤かった場合はやばいのでHDDをチェンジすべきかと思います。

コメントを残す