トレンドアフィリエイトとは何だ?稼げない理由についても考えてみる。

tore
どうも。
西村です!

もう9月も終わりで最近は寒季節になりかけていますね。来月はもうハロウィンの季節。そして、すぐにクリスマス。クリスマスが終わればお正月。お正月が終わればバレンタイン、節分。節分が終わればホワイトデー、ひな祭り。

と、季節ごとにイベントっていろいろとありますね。僕は文化的な人間ではありませんのでこういったイベントって正直どーでもいいと思っているちょっといやらしいやつです(笑)

別にお盆でなくても実家に帰りたいときに帰省しますし、ごちそうだってクリスマスに限らず食べたいときに食べるので。しかし、大衆はこういったイベントを楽しんで終わるというケースがほとんどです。特に会社勤めをしている人はそうなのではないかと思います。

僕はそれを見ていて。いつも。

「もったいないなぁ~」

と思ってしまうんですね。イベントというものは一般的には楽しむものですがそれを違う角度から見ることで実はお金を稼ぐことができるんです。さて、今日はそんな市場の動きを狙ったアフィリエイト手法について解説してきたいと思います。

トレンドアフィリエイトって何だ?

pc
さて、最近ではずいぶんと言葉が浸透してきてはいますが数年前までトレンドアフィリエイトという言葉はあまりピンと来なかった人もいるでしょう。なぜなら、このアフィリエイト手法は新しいもので2012年に発売された『下克上』というアフィリエイト教材が流行らせた言葉ですからね。

しかし、トレンドアフィリエイトのメインキャッシュポイントは成果報酬型のアフィリエイト広告ではなくクリック保証型のアドセンス報酬になります。アドセンスは1クリックあたりの単価は数十円程度がいいところなのでアクセスが集まらない限り儲からないです。

それまでは、1万円稼ぐことすら大変だと思われていたアドセンスですが、下克上の思考さえあれば当時は月収10万円の副収入なんてもんは楽勝に稼げました。その思考とは、世の中のトレンドを利用して爆発的にアクセスを集めるということです。

そのよい例が芸能人関係のキーワードでアクセスを集めることです。芸能人のニュースなんてものは毎日のように起こっていますからそれを利用すれば爆発的なアクセスは集めることはできます。事実僕も芸能人の特化型サイトで超アクセスを集めることに成功しています。

uu
芸能人の力を使って1日57,666UUを達成しています。それだけ破壊力のあるジャンルですから1日数千アクセスも集まらないようであれば努力不足という証拠。では、これだけがトレンドアフィリエイトなのか?というとそれは違います。

冒頭でお話ししたように春夏秋冬のイベントを利用してそれ関連のキーワードでサイトを構築していくことで断続的にアクセスを集めることができます。さらに隙間なくやっていくことで断続的が安定的に変わっていきますからこれもトレンドアフィリエイトです。

要するに世の中の話題とかそういったものを取り扱っていくことにより爆発的にアクセスが集まるのでアドセンスといった定額報酬だろうがちりも積もって山となり稼げる金額も大きくなっていくというロジックです。

トレンドアフィリエイトは初心者向けという割には稼げない?

zangyou
トレンドアフィリエイトを実践してもなかなか稼げないという言葉を耳にしますが、いくら稼ぎたいのか?という部分でも話が変わってきます。

毎月5万、10万、15万、20万程度稼ぎたいならコレで充分だと思っていますが、それ以上稼ぐとなると不可能ではありませんが大変です。これぐらいの金額すら稼げないというならばいろいろと原因がありますね。

完全にやり方を間違えている。

初心者向けで簡単だとかシンプルだとか言われていますがやり方を間違えていてはいつまでたっても稼ぐことはできません。トレンドアフィリエイトでも何が話題になるのか?キーワード選定はこれでいいのか?安定的にアクセスを集められる月間ボリュームはあるか?この辺の思考が重要になってきます。つまり、何も考えずにただ記事を書いているようでは稼げるわけがないのです。

昔と比べてライバルが増えた?

リサーチをしているとわかりますが数年前と比較してトレンドサイトはずいぶんと増えています。クリスマスのことを調べると似たようなタイトルのサイトがずらーーっと並んでいる。おかしくてちょっと笑ってしまうような感じになりますねw

だって、中身を見ると同じワードプレスのテーマでしかも書いている内容もほぼ同じ。だからペナルティを受けやすいのですが、月間ボリュームとかだけで攻めるとライバルとかぶりやすいので、もしそれだけで行くなら最低限ライバルがいないもしくは少ない穴場を狙うことです。

ライバルが増えたなら思考を変えることが重要

基本的にインターネットビジネスの世界は同じ手法を続けていくと苦しくなるケースが多いです。今のトレンドアフィリエイトはそれこそそんな感じになっていますから、やっぱりキーワード選定の考え方の部分を変えていくことが大事だったりします。

例えば、芸能人+○○というキーワードを狙うならライバルが少ないところだったり、Yahooの虫眼鏡からキーワードを俯瞰していくこと。まだ話題になる前にニュース記事からキーワードを考えて記事にしてみるなど本来のトレンドアフィリエイトの思考が大事になっているのではないかと考えられます。

バズらせてアクセスを増やしていけば強いライバルと太刀打ちできるような月間ボリュームが高いキーワードを狙っても上がったりしますから第一段階というのはこういった作業が重要になります。

季節系やお役立ち系はまだ稼げるの?

稼げる?稼げない?かでいえば稼げます。しかし、これも芸能人のトレンドアフィリエイトと同じくライバルが増えすぎたので普通のやり方ではなく、キーワードを絞って記事を量産したり、バズるようなニュース記事を入れていくなど工夫が必要になります。

コメントを残す