トレンドアフィリエイトのネタ選定!事件系でアクセスを集める方法とは?

jiken2
どうも。
西村です!

僕は公務員は苦手です。まあ、公務員全員がダメということではありませんが、特に警察官、教員とこの辺は好きではない人が多かったです。職業差別と勘違いされると困るので一応断っておきますがこの職業に就いている人を全員否定するつもりはありません。

ただ、警察官が必死で点数稼ぎするのやめてほしいと思ったりたびたびしますわ。何年か前に自宅から自転車に乗って走行した瞬間10秒も経過していないうちに止められてしまいましたからね。

完全に待ち伏せしていたとしか思えません。。。池袋に住んでいるしそういったこともあったので無理に自転車に乗る必要もないかと思い自転車に乗るのやめちゃいましたからね。さらにいえば、歩行しているだけで止められることもあります。

職務質問。

東京に住んでいると結構、職務質問されることってありますよ。サプリメント購入して袋もって歩いていたら大塚駅の前で職務質問されたことがありました。俺になんか恨みでもあんの?ってぐらい警察に声かけられます。

しかし、公務員ってのは税金で飯食っていることもあってかたるんでいる人が多いようです。実際、公務員が不祥事を起こす割合は正社員の中では19%ほどといわれておりましてかなりの割合を占めているわけです。

さて、本日は、そんな事件を使って稼ぐ方法を解説したいと思います。

Yahooニュースの事件記事を使えば爆発的なアクセスが稼げる。

トレンドサイトの構築でYahooニュースの事件記事をよくのぞいたりするのですが、教師が女子生徒にセクハラしたとか未成年とエッチしてしまったとかそんなのが月に何回かあります。本当に学校の先生しっかりしてくれや。って思いますけどね。

まあ、そんな事件記事ってのは炎上しやすいのでアクセスが急激に集まります。

jiken
サイトを立ち上げてわずか1週間ほどで1000アクセス弱を集めることに成功しています。どんな方法を行ったのかといえば、事件系の記事をガンガン投稿していただけです。

しかし、事件系の弱点は確かに大きく話題になった首謀者であれば安定して毎日数アクセス程度なら引っ張れるのですが、ピークを過ぎると激減してしまいます。そのため、毎日のように記事を入れ続けなくてはいけないデメリットがあります。

まあ、速報なんてそんなもんです。そんなわけで事件系トレンドアフィリエイトで資産化するのは難しいのか?といえばそんなこともなくて数をやっていけば自然と積みあがるのは事実なのでピークよりもアクセスは減りますがなくなることはないのでこれでも行けるわけです。

事件系のキーワードはアボセンスになるリスクも。

アボセンスとは簡単に言えばアドセンスアカウントが停止になることです。アドセンス規約を見ていただくとわかるのですが、過度な誹謗中傷とか、殺人系のキーワードを入れているとGoogle側もイメージがあまりよくなくなりますから停止するわけです。

また、Googleらしくこの辺は微妙で明確な回答をしてくれません。ですから、どの程度ならよいのかはわかりません。そこで、もし、事件系で稼ぐなら僕は二通りの方法が良いかと思います。

1 事件系はあくまでもサイト強化の栄養剤

トレンドアフィリエイトをやっていると気が付くかと思いますが大量のアクセスが集まっているサイトというのは検索エンジンでも上位表示されやすい傾向にあります。感覚的には昔の被リンクぐらい強いような気がします。

そのため、まずは事件系でたくさんのアクセスを集めます。そして、そこにはアドセンス広告は張りません。もし、収益化したいならば、アドセンスではなくamoad、imobileとか貼っておけばよいかと思います。

一定以上のアクセスが稼げるまで事件系を入れ続けます。そして、同時に安定してアクセスが集められるような、「芸能人+○○」「春夏秋冬」「お役立ち」といった記事も入れていきます。これにより事件系でサイト強化がされて安定してアクセスが集まる記事も上位表示されていくという仕組みです。

ですから、事件系で稼ぐというよりかは、安定してアクセスを集めるための第一段階として事件系でたくさんのアクセスを稼ぐのが目的であると考えてください。こういう使い方をするならばアドセンスアカウント停止のリスクは大幅に下げられます。

2 SSP「fluct」を使用する

月間何十万~百万PVクラスのサイトを保有していたのにも関わらずアボセンスを食らった人たちはこれに移行していることが多いです。SSP「fluct」はイケダハヤトさんも推薦していましたが、アドセンス広告と同じぐらいの単価でしかもアドセンス規約よりも甘い点が使いやすいです。

事件系でどうしてもアドセンスが難しいと思った人もこれに移行してから収益を元通りにできたという事例もありますから使い勝手としてはかなり良いのです。

ところが、問題点があります。審査が若干厳しいです。ただ、月間何万PV必要であるとかそういったことではなくどうやらまじめに更新をしているか?あとは、ほかの広告を使用していると通らないとかその辺を見るようです。

数百アクセスのサイトでも審査に通っている事例がありますから、もし、事件系で稼ぎたいとか、アドセンスと同等の広告を持っておきたいと考えているのであれば一度審査にかけてみてはいかがでしょうか。

事件系を扱うならココを抑えろ!

もし、事件系を扱うならば重要なポイントとしては…

1 最低でもその日に起こった事件
2 首謀者の名前がわかる事件

この辺が重要です。なぜなら、事件が話題になるのは、大概が事件を起こした犯人の名前が検索されるからです。それが、YahooリアルタイムやYahoo急上昇ワードに乗る前に仕込んでおくという考え方です。

ですので、できればYahooトピックスに掲載されて何分もしないうちに記事にしてインデックスを促進してしまえばよいのです。ということは、1日中張り付いていけないとだめなのか?というとそんなこともありません。

もちろん、それができれば一番良いのですが時間がもったいないです。それぐらいの余裕があるならほかのこともしたいぐらいです。例えば、トレンドアフィリエイトの作業が夜しかできなくても夜に掲載される事件だってあります。

それは、翌朝のニュースとして取り上げられるのでアクセスも集めることができるんですね。まあ、僕も暇が出来ましたら事件系を利用したトレンドアフィリエイトをもうちょっと真面目にやろうと思っています。後はアダルトアフィリエイトもやっていこうと考えていますので今後ご期待ください!

それでは、
西村でした。

コメントを残す