DeNAやサイバーエイジェントの登場でアフィリエイト報酬が激減か!?

どうも。
西村です!

先日、アフィリエイターの友人とファミレスでご飯を食べていたときのお話です。

「最近、上位表示が難しくないですか?」

という相談を受けたんです。

下克上やPRIDE、ホビリエイトなどのトレンドアフィリエイトの手法はございますが、芸能人に関係ないキーワード。例えば、美容健康系のキーワードで特化型サイトを作ることもあるかと思います。実際僕はそれでうまくいっているわけなんですが…

なんだか、最近は全体的にそれが難しくなっている傾向にあるようです。2年ぐらい前まではしっかりとコンテンツを作りこんでいけば比較的簡単に大きなキーワードでも上位表示が可能でした。ところが、最近は難しくなるだけではなく、

以前まで上位表示できていたアドセンスサイトのページがいつの間にか1ページ目から消えているなんてこともあります。Googleのパンダアップデートなどのアルゴリズムも関係していると考察できますが、厄介なのは、DeNAが運営しているWELQ ,iemo、MERY、JOOYなどこういったサイトの登場です。

大金を投資して急激に成長したコンテンツメディア。

w特にこの中でもウェルクがダントツに強力なサイトであると僕は思います。検索エンジンに非常に評価されておりどんなキーワードで検索しても大体1位にいるんですよね。DeNAという大企業がお金を投資して作ったサイトなので個人がどうやってもコンテンツの増加には太刀打ちできるわけがありません。

DeNAのライターのバイトでも時給1200円、そのほかに優秀なライターを大量に抱えて記事を量産しているわけです。まあ、これだけ大手企業がやっているサイトでありながら裏を取らず記事を作り大量生産しているのでバッシングを食らってましたがね。

また、コンテンツにかにしても「パクリ記事」と叩かれていたりもします。すべてがそういうわけではありませんが、いろいろなサイトから記事を引っ張ってきてリライトつぎはぎしているのが見受けられました。

結局、Googleはオリジナルとはいいながらも、アクセス数だとか滞在時間を重視するところも事実ですからリライト記事でも十分上がったりするわけなんですね。大手が金をかけてまでそんな卑劣なことをしてと批判の声もありますね。

ただ、僕自身は正直どーでもいいってわけではありませんが…このサイトのせいでいくつか下げられてしまいましたし、迷惑しているのは事実。ちゃんと健康セミナー行って仕入れた情報なのにこのサイトが上位をとって下に落とされたのは残念に思います。

けれども、んなこといっても仕方ないんです。どんな理由があろうと上位に君臨しているのはウェルクであるんですから。それが、現在の検索エンジンの答えです。

これを機にアドセンスはやめませんか?

zangyou

ウェルクのおかげでアクセスが激減してしまった。。。アドセンス報酬もずいぶん下がってしまったという人もいらっしゃることでしょう。そうなんです。これが、アドセンスとかクリック広告の弱点であるのです。

まあ、近い将来、大手企業が通常の物販アフィリエイトに力を入れてくるのも十分予想がつきます。なぜなら、アフィリエイト以上に利益率が高くておいしいビジネスモデルってのはなかなかないですからね。そりゃ、大手企業が目をつけないわけがないです。

というか、今までどうして参入してこなかったのか不思議でなりません。ちなみに、サイバーエイジェントはPPCアフィリエイトはやっているようです。友人のアフィリエイターと以前そんな話をしたことがあります。

そんなわけで…

アフィリエイトは辞めるべきなのか?

大幅にPVが激減して報酬も激減したなら思考を変えてみましょう。

benkyou

確かに、ウェルクがいるからと言ってアドセンスが全く駄目になったということはありません。やり方を変えれば十分に稼げるものです。ただ、これをきっかけに新しいことをやってみませんか?大手が参入したからといってその都度ダメージを受けていたら身が持たないでしょう。

本当のビジネスというものは大抵のことがあっても動じないような頑丈な収益基盤を作っておくというものです。そういった意味で大手企業がサイトを量産してきたからと言って収益が下がるようなサイトだけで生きていくという考え方自体間違えているのです。

例えば、僕がこれからの検索エンジン型のビジネスで特に重要であるポイントは以下の4つです。

1 ライバルがほぼいないスモールワードを狙う
2 少ないアクセスで大きく稼ぐサイトアフィリエイト
3 大手が参入できないような市場を極める
4 バズブロガーになる

では、それぞれ説明してみたいと思います。

1 ライバルがほぼいないスモールワードを狙う

確かに、アクセスを集めることを考えると、Googleのキーワードプランナーで月間ボリュームを参考にしてキーワードを選定したくなる気持ちはわかりますが、それですといつかは強いライバルと激突するわけです。まさに今はそうなっています。

もし、アドセンスをやるにしてもライバルが見向きもしないような小さいキーワードでページ数をたくさん増やし、塵も積もれば山となる戦略で挑む方が簡単なかもしれません。しかし、それでアドセンス報酬を稼ぐには膨大なページ量が必要となりますから、お悩み系キーワードで成果報酬型のアフィリエイトをやったほうが効率が良いと思います。

2 少ないアクセスで大きく稼ぐサイトアフィリエイト

サイトアフィリエイトの達人は数アクセスで1本とか成約しています。その理由は、アクセス自体はほとんどないのですが、ものすごく購買欲の高いアクセスを的を絞って集めているからなのです。こういった選ら約は今後ますます大事になるでしょう。

3 大手が参入できないような市場を極める

大手が参入できない市場で稼ぐサイトを作ってしまえばDeNAが参入しようと全く関係はないのです。美容、健康、医療ダイエット、筋トレ、芸能、エンタメ…とか一般的受けするジャンルは大手が上位表示しています。

では、どんなジャンルが良いのか?

おすすめなのは….

アダルト
情報商材

この二つです。いずれもアングラなところでクリーンを好む上場企業は儲かるとわかっていても参入できるわけがないのです。しかも、この二つのジャンルは報酬がバカ高いです。それこそアダルトは市場規模がほかのジャンルと比べるとダントツ大きいです。

情報商材に関してもまだまだ参入の余地はあります。1件成約するだけで1万円とか報酬がもらえます。これら二つにおいてもいえることは正しいやり方をしていけばそんなに難しいジャンルでもありませんからこれを機に方向転換してみるのもアリです。

4 バズブロガーになる

これは一番難易度が高いのではないかと思います。バズブロガーでオリジナルコンテンツのみで大量のアクセスを集めることができれば全く問題なくアドセンスであろうとアフィリエイトであろうと稼ぎ続けていくことはできるでしょう。

イケダハヤトさんのように。

ただ、ここで多大な労力をつぎ込むのであれば、1、2、3の思考をまじめに取り入れたほうが効率的です。確かにアドセンスとは異なりすぐに稼げるという実感がないので初心者にはつらいかもしれませんがそこで我慢することで後々大きな資産を手にすることができるんです。

それでもやっぱりアドセンスにこだわるならそれでもいいと思います。できないことはないので。ただ、成約型のアフィリエイトの手法を身に着けておけばこういうときに涼しい顔をしながら他人事のようにこっそりと稼ぐことが出来ちゃうんでお勧めしますよ。

コメントを残す