文字や文章を音声に変換するソフト「Cevio」の簡単な使い方。

cevio
どうも。
西村です!

邪道youtuberなどユーチューブアフィリエイトを実践していく中。既存の動画やコンテンツを加工してアップロードするというのも良いのですが、janestyleから2ちゃんねるの勢いを調べてそのニュースを読み上げてコンテンツを作るという方法もあります。

いずれにしろ、邪道youtuberのコンテンツにあるのですが、僕個人的には後者は結構好きなやり方です。しかし、問題になってくるのは自分で読み上げるとなるとどもってしまったり、滑舌が悪かったりすると編集作業が発生したり、場合によっては録り直しになることもあります。

そういう人にオススメなのが、文章を文字を自動で音声に切り替えてくれるソフトを使うことです。無料のものも比較的良いツールもありましたがやはり音質が若干劣るところがあります。

そこで、1ヶ月間有料ではありますが、「Cevio」というツールを使ってみるのをオススメします。youtube動画なんて量産がしやすいので1ヶ月もあれば数百動画は上げられるでしょう。

邪道youtuberのやり方をやっていれば数百動画あれば、まあ、1万円も稼げないということはないです。Cevioは1万円程度なので無料期間で稼いじゃって有料ライセンスを購入すればよいかと思います。そこで、今回は、「Cevio」の簡単な使い方について解説したいと思います。

Cevioの簡単な使い方について。

Cevioにはいくつかキャラクターがいます。2015年2月の段階では、さとうささら、すずきつづみ、タカハシ他、10名が収録されています。ちなみに、Cevioの名前の由来は、VOICEの並び替えから作られています。音声合成ソフトの中でもかなり高性能で、文字や文章を台詞や自然な歌声に変換してくれます。あらかじめ漢字などを覚えこますことも可能。

1 cevio起動

cv
まず、cevioを起動するとこのようになっております。

2 トーク/トラックを選択します。

tk

「トラック」→「トラックを追加」→「トークトラック」

2 トーク/トラックを選択します。

cevio2
このような画面になると思います。今回はセリフなのでトークトラックを選びますが、歌の編集の場合ソングトラックを選びます。

2 キャラクターの選択

cevio3
こちらから、キャストを選択できます。特徴としては、「さとうささら」は明るい声質です。「すずきつづみ」はクールで暗い感じになります。一方、タカハシは普通の男性の声です。台詞ごとにキャラクターを変えてみるのも面白いかと思います。

3 文章もしくは文字を入れる

rok
「セリフ」の個所をダブルクリックすると文章や文字を入力することができます。コピペでも良いですし、自分で考えたものを入力しても良いです。しかし、問題点としては一つのセリフは200文字までしか入力できないところです。

satou2
「セリフ」→「文のまとめ入力」をクリックします。

ok
こちらに文章を入れていただいたら「ok」ボタンをクリックします。

ok2
このように一括入力が可能です。

4 大きさ、速度、声質などを変更する

cv

ここにあるとおり、デフォルトではこのような数値になっていますが、「大きさ」「速さ」「高さ」「声質」「抑揚」「元気」「普通」「怒り」「哀しみ」ここを調整することによって声もずいぶんと変わってくるのが面白ところです。高くもなりますし低くもなります。

5 設定完了したら書きだします。

satou
セリフにて右クリックで、「WAV書き出し」をクリックします。こ

ok3
「保存」をクリックしてWAVファイルを生成します。以上が、簡単な使い方の流れになりますが、文字や文章を音声に変換する程度であればこの辺の使い方で十分かと思いますので是非参考にしてみてください。

コメントを残す