NextFTP4のホストアドレス設定とファイルアップロードについて。

daiti
どうも。
西村です!

最近は、サイトアフィリエイトといえばワードプレスが主流になってきましたね。とはいっても、普通にHTMLファイルをアップロードするアフィリエイターも多いです。そんな中、トレンドアフィリエイトを教えていたときにFTPソフトの存在を知らなかった人がいました。

確かに、ワードプレスであればサーバーからボタンをカチカチを押していれば自動インストールが可能になりますので、そもそもが、FTPソフトを知らなくてもサイト運営自体は可能です。

ワードプレスでもPDFや音声を上げることができますからね。まぁ、必要ないのかな。。。とも思ってしまったりすることもあるのですがランディングページをHTMLで作った場合はFTPソフトの存在が必要ですし、ワードプレスのコードをいじってしまい真っ白になった。。。

こういった場合は、あらかじめバックアップをとっておけばワードプレスに入れずともFTPソフトを経由してアップロードして上書きしてしまえば完了です。そう考えるとメインはワードプレスにしても細かい部分や最悪なにかあったときのためにFTPソフトは必要です。

多くの人はFFFTPという無料のソフトを使用していると思いますが、僕はNextFTP4という有料のソフトを使用しています。そもそもFTPソフトごときになぜお金を払っているのか?というと、2009年にガンブラーウイルスというのが流行しました。FTPのパスワードを盗んで侵入し、サイトのコードを書き換えたりする厄介なやつです。

幸い僕は感染しなかったのですが、当時はFFFTPがターゲットになっていましたので気を付けろということで、ホームページビルダー付属のFTPかNextFTP4を推奨されました。3か月無料なのでとりあえず、NextFTP4を使用することにしたのですが快速だし使いやすいのでこれを選びました。ちなみに、現在は対策をとっているようなのでガンブラーウイルスは大丈夫らしいです。

NextFTP4のホストアドレス設定とファイルアップロードについて。

next
まず、NextFTP4のサイトへアクセスします。すると、32bit版、64bit版の二つがありますので自分のパソコンに合わせてダウンロードしてください。ちなみに、プロパティでチェックすることができます。僕はすでにインストールしているのでその辺は省きますね。

next2
立ち上げるとこのようになっています。

next3
僕は配置をこのように設定していますがインストールして初めて立ち上げると設定を選択します。それ以降は、「ウインドウ」→「ウインドウの分割方法」から設定が可能です。

next4
好きな配置を選択しましたら「OK」をクリックします。

host
「ホスト」→「接続」でこのウインドウが立ち上がりますので「新規ホスト」をクリックします。

next5
ホスト名 わかりやすい名前を入力します。
ホストアドレス サーバー契約時に決めたドメインを入れます。
ユーザーID エックスサーバーであれば、○○@××.xsrv.jpの○○の部分です。
パスワード サーバーパネルのパスワードを入力します。

以上よろしければ「OK」をクリックします。

host3
「ホストに接続されました。」と表示されればサーバーにつながりましたのであとは好きなファイルをアップロードすることができます。

acc
ドメイン一覧が表示されいる箇所があるかと思います。配置の設定によって変わります。僕は右下になります。そこでアップロードしたいドメインのフォルダをダブルクリックします。

pub
エックスサーバーの場合は、「public_html」のフォルダを開いてそこにアップロードする形となりますのでダブルクリックします。

pb
こちらにアップロードしたいファイルをドラッグ&ドロップするだけです。

kanryou
「アップロードが完了しました。」と表示されれば成功です。また、間違えてアップロードしてしまった場合は、対象ファイルを選択して右クリックから削除をすればオーケーです。基本的な使い方はこのようになります。

コメントを残す